ゴルフGTIハッピーデイズ 。。車好きコヤジ三人のブログ

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
>>>>>>>HOTで人気の車ブログたち<<<<<<<
ゴルフ6スピーカー交換 その③
[No.1768] 2012-01-01 Sun 00:13


明けましておめでとうございます。
明けましておめでとうございます、今年もマイペースで更新しますがよろしければお付き合いください

ゴルフ6のスピーカー交換を自作でしました、その①その②に続いて今回は取り付け編です

作業工程を撮った写真を誤って大量に消してしまったので、わかりにくいかもしれないです

まず、ドアパネルの内側です、ゴルフ6は5に比べてドアを構成する部品点数が減り、コストダウン

されてるが、ドアを閉める音は向上しています、おそらく写真の吸音材などで工夫されてると思います

DSCF3206.jpg

左が純正で右がカロッツェリアTS-Z131PRSです、交換前の写真が無いが自作バッフルボードに

Z132PRSに附属する鉄板枠で装着して、周辺をデッドニング制振材を貼ってます

DSCF3211.jpg

まず純正スピーカーを取り外すのだが、アルミのタッピングで4箇所が固定されてるので

ドリルでタップの頭を潰して抜きます、タップがドア内部に落ちるのだが手が入らないので専用工具か

棒の先に粘着テープを貼って取り除く必要があります、写真は作業イメージです

DSCF3212.jpg

タップを取り除いてコネクタを外すと純正スピーカーが取れます、プラスとマイナス表記があります

純正スピーカーは取り付け部分からの厚みが36mmです、できるだけドア内部に音が篭らない

為にも厚みを同程度にしたいところです

DSCF3230.jpg

元々ドアパネル内に吸音材が貼ってあります、このサイズを見るとやはり純正と同じ13センチ

スピーカーより大きいサイズは内張りの加工で、アウターバッフル化が必要だと思います

DSCF3205.jpg

自分はスピーカー形状を考えて30mmのバッフルを自作しました、スピーカー穴の写真が無くて

すいません、ネットで「ゴルフ6スピーカー交換」を探すと結構見つかるので参考にしてください

バッフルボードを自作する為にラフですが型取りしました、自分はこの通りに15mmのMDF材を

2枚重ねにして電動糸ノコ盤で作成、ホームセンター自作コーナーに二時間篭って出来ました

市販のバッフルボードでゴルフ6用が見つからず、ゴルフ4用(16cm)や一部ホンダ用などで

ボルト位置が合う事が分かりました、しかし30mmの厚みがある市販品が無かったので諦めました

SCN_0001.jpg

一番心配したのは今回のスピーカーは前席Z132PRSで後席Z131PRSだが、131PRSの

マグネット部が巨大で取り付け性が極めて悪いのだが、30mmバッフルボードであれば

取りつけ部から後方に58mmもあるZ131PRSのマグネット部も問題なく装着できました

zoom_2.jpg

純正コネクタのケーブルを切ってギボシで接続します右2本がプラスで左2本がマイナスです

DSCF3214.jpg

ツイーターのあるドアミラー部を取り外します

DSCF3215.jpg

一緒に取れてしまう丸い部品はドア側に付けておきます

DSCF3218.jpg

クッション材を外すと純正ツイーターが見えます、プラスチックを3箇所溶かせて取り付けてあるので

ラジオペンチで切って純正ツイーターを取り外します、Z132PRSの大口径ツイーターがピッタリ

収まります、ケーブル部分の収まりが悪いのでクッション材をペンチでチビチビちぎって調整しました

DSCF3219.jpg

ツイーターがプラスチック部分に直接当たるのを防ぐ為、クッション材を貼り付けました

今回使用したのはホームセンターで買った家のドアのクッション材です

DSCF3223.jpg

ツイーターが見事ピッタリ納まりました、自分のナビはタイムアライメント機能があるので本当は

角度をつけて自分側に向けたかったが、角度をつけるのは無理で本格的な加工が必要です

DSCF3227.jpg

デジタルマルチアンプがあればネットワークは必要無いが、次回の宿題という事で今回は

附属ネットワークを取り付けました、ドアの開閉ショックを吸収する為にゴムのクッション材を

貼り付けた上に木ネジで固定しています、適当に固定して後で後悔した経験があります

DSCF3209.jpg

サイズの大きいネットワークであれば、ドア内部に取り付けるならこの場所しかありません

デッドニングは音を鳴らしながら制振材を貼りますが、自分はエーモンのデッドニング入門キットで

量的には十分でした、鳴らしながら貼ってると音が変わるのがハッキリ分かります

DSCF3207.jpg

全て自作でしたが自分的には十分満足な音で純正と比べてもかなりレベルが上がりました

ぼやけていた低音がきっちり締まり、13cmとはいえ低音は十分でサブウーハーは自分には

不要と感じました、中域と高域は明らかに情報量が増えてスピード感があり音の粒が分かる

ような気がします、このスピーカーは迫力を追求するのではなく、きっちりと情報をクリーンに

伝えるモニター系に近いと感じます、アコースティックを聴くと素晴らしい音色です

そういう意味でクセは少なく迫力や艶が誇張されないのが面白味に欠けるかもしれません

次はデッキとアンプを新調したくなってきました・・・





別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
>>>>>>>HOTで人気の車ブログたち<<<<<<<
<<初詣 ・・・ | ゴルフGTIハッピーデイズ | にしゃい ・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| ゴルフGTIハッピーデイズ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。